エネルギ−と恋愛について



みなさんはエネルギ−と恋愛 という両者が非常に密接な関係にある!という事をご存知なく、エネルギ−はエネルギ− 恋愛は恋愛と考えられている事でしょう。また、昔、この両者の波長が結びついて、恋愛、結婚 となった事など考えてもおられない事でしょう。しかし、皆さんは永遠に気付く事はありませんが、この両者の波長が結びついたこそ、今の伴侶と結婚されたのです。

もし、両者が結びつかなかったら、永遠に今の伴侶とは一緒になる事はなかったのです。エネルギ−に感謝されても良いのではないでしょうか!!

一回述べたと思いますが、

どんなに愛している方でも、また結婚された幸福だと感じられておられる皆さんでも、一緒になる前は絶対に他人であったはずです。 ここで、少しエネルギ−という物について説明しますと、生まれたら、それぞれが出す波長が微妙に違っているのです。たとえば、兄弟でも微妙に違っており、親子でも微妙に違っており、まして他人であれば、大きくそれぞれが出すエネルギ−の波長が違っているのです。

例えば、今の愛する主人でも、昔は他人であったわけで、その男性が出すエネルギ−の波長を120ヘルツとし、貴方が出す波長を100ヘルツとすれば、  120ヘルツと100ヘルツの波長ですので、絶対に交わる事はないのです。しかし、もし貴方がこの男性素敵と思うようになれば、その男性好みとなろうとするため、貴方のエネルギ− すなわち120ヘルツが、次第に男性が出す100ヘルツエネルギ−に近ずき、最後は100ヘルツというエネルギ−波長になる。すなわち100ヘルツと100ヘルツという合うエネルギ−となるから、結婚しましょう。その人の子供が欲しいとなるため、セックスをするからこそ、精子が卵子と結びつき、受精し、子宮内で育ち、愛する子供が誕生するわけです。ここで、大事な事は男性も自分の100ヘルツエネルギ−を120ヘルツエネルギ−へと近ずけるから、すなわちお互いのエネルギ−が110ヘルツ と110ヘルツエネルギ−となるから、男女が愛する事が出来るのです。

しかし、せっかくお互いが110ヘルツエネルギ−にしたにもかかわらず、男性が110ヘルツエネルギ−に変えたが、やっぱり自分本来の120ヘルツエネルギ−に帰りたいとおもえば、 120ヘルツエネルギ−と110ヘルツエネルギ−とが合いませんので、次第に気持ちが離れ、離婚となるわけです。

これと同様に、電車内で、知らない人が近ずいてきたら、気持ち悪く感じるでしょう。あれは貴方と全く違うエネルギ−の波長を持つ人がきたから、寒気を感じるというわけです。つまり、知らない他人が貴方のエネルギ−を搾取するから、貴方の身体はエネルギ−を失い、寒気を生じてしまうのです。

世界中の皆さんは、この地球にはエネルギ−があるから生命が誕生しているのですよ!と口をすっぱく述べても、分かってもらえないですね!  人間という動物はどうしても、見える物だけを信じてしまい、見えないものを軽蔑しがちですが、この考えは間違っているのです。

Post to Twitter

Comments are closed.

健康な腸と元気な赤血球が、あなたをガンや生活習慣病から守ります
著者名: 大野 良隆 著
発売元: メトロポリタンプレス
価格: 1,400 円(税別)
詳細はこちら→